ブック・レポートの書き方

ブック・レポートとは

ブック・レポートとは、指定された文献(本や論文)を熟読し、内容を要約したり、著者の主張や論点をまとめたりするものです。課題図書レポートまたは読書レポートとも言います。それに加えて、意見・感想が求められることもあります。

 

授業で扱うテーマの主要な文献を読ませたい。テストで計れない総合的な理解を見たい。意見や感想などで受け止め方を見たい、などの意図があります。

 

書式は、教員から指定があればそれに従います。自由な場合、たとえば図のような書式を考えるといいでしょう。(PCではクリックして拡大可)

何を書くか?

一般的には、下にある内容を書きます。


0.表紙・名前・所属・学年など  ・・・レポートの書誌情報 
1.読む本の書誌情報 
   1)著者名  2)書名  3)出版社名  4)出版年 
   
2..客観的な要約・紹介 
  →自分の意見を交えないこと。 
  →章ごとの要約だったり、大切な部分の要約のみなど、 
    要約の仕方は、さまざま。指示に従う。  

3..著者の主張や論証についての、これまでの一般的な見方 
  →著者の主張・意見、または論証の仕方について、 
    社会で、これまで一般に言われている位置付けを書く 
  たとえば、 
     なぜ、分子生物学が注目されるようになったのか 
     分子生物学が社会に与える影響は何か   
     この本がなぜ、メディアで取り上げられたのか

(4.)自分の意見・解釈、評価などのコメント 
  →ここは指導教官によって指定はさまざまです。ない場合もあります。 

    感想でいい場合もあるし、意見を書け、という場合も。 

まとめるだけだと、2だけになります。3や4を考えてください。 

<参考>
河野哲也.(2002).レポート・論文の書き方入門第3版.慶應義塾大学出版会.(⇒上記を元に、石井が、修正を加えました。)

要約の仕方

ブックレポートにおける要約の仕方については、次の2つがあります。

 

1.文献全体を要約する(縮小版を作る)

1章からの内容を章ごとに、1、2の段落にまとめます。文献全体の「縮小版」を作るイメージです。

 

2.重要な論点だけを要約する

全体をまとめるのではなく、「著者が最も主張したい点は何か」「主張は、どのように方法論や根拠をもとにしているのか」「学生(=あなた)が疑問に思う点、反論したい点」などに」しぼって要約します。

後で、意見・感想・批評が求められる場合は、それらに関する部分を要約します。

 

お問い合わせ

まずはメールでご連絡を。
お問合わせはこちらから

TEL: 080-3443-1o8o
(お急ぎの場合)

ただし、授業などで不在も

多いので留守電に用件をお願いします。