早めにPC環境を整えよう

PCの基礎的な操作能力
21世紀の大学生にとってPCの操作能力は必須のスキルでしょう。1)電子メールでのやりとり、2)インターネットでの情報収集、3)ワープロソフトでの文書作成、などのスキルは早急に(できれば1年生の1学期のうちに)、一定の水準に達して欲しいと思います。大学の先生によっては、レポートの提出は電子メールでしか受け付けないという場合も少なくありません。

メールは携帯・スマホが中心というキミも、パソコンでの電子メールでファイルをやりとりする必要がでてきます。つまり、キーボードでのタイピング・スキルが必要になります。キーボードを見ないで打ち込む、いわゆるブラインドタッチである必要はありません。しかし、人差し指でキーボードを探している状態ではダメ。また、紙に書いて考えて、できた原稿をPCで清書するという使い方しかできないのも効率的ではありません。むしろ、キーボードをたたきながら考えて、考えながら編集するというのが理想です。

PC、プリンター、ネットワーク環境

今は、どの大学も情報センターなどの名称でパソコンが自由に使えるはずです。しかし、時間帯によって込み合ったり、印刷に制限があったり、など不自由も多いです。できれば、自宅にパソコンとプリンターがあって印刷できる環境があった方がよいでしょう。また、情報の検索に必要なインターネットの環境も必要です。いまは、Wifiや光通信など高速・大量データのやり取りができる時代。ネットワーク環境もできるだけ早く整えましょう。

お問い合わせ

まずはメールでご連絡を。
お問合わせはこちらから

TEL: 080-3443-1o8o
(お急ぎの場合)

ただし、授業などで不在も

多いので留守電に用件をお願いします。